• ホーム
  • 薬に頼らないで頭痛を和らげる方法とは

薬に頼らないで頭痛を和らげる方法とは

ロキソニンは、普段のちょっとした頭痛には効果が素早く現れるので大変重宝する薬として多くの方が救世主のように使用しているものです。しかし、その度に薬の力を借りざるを得ないことがストレスや不安を招いてしまうことにもなり兼ねません。そのためには普段から頭痛を和らげる方法を知っておくことで、緊張感や不安感を出来るだけ払拭して頭痛を招きにくくしたり発症してもできるだけ和らげられるようになったりするので楽に対処出来るようになります。

頭痛と一言でいってもさまざまな理由が考えられ、何らかの理由で脳の血管が急激に拡張してしまって起きるのが片頭痛です。脳の血管が拡張すると周囲の三叉神経を刺激するので、その刺激によって発生する炎症物質が血管を拡張するので片頭痛を引き起こします。一方、緊張型頭痛は文字通り頭の横の筋肉だけではなく、肩こりや首のこりで筋肉が緊張することで起きるため、筋肉が緊張し続けていると血流の悪さが起こり老廃物が血流内に蓄積され周囲の神経が刺激されて痛みが起こってしまいます。

薬を使わないで、頭の痛みを和らげるには拡張や収縮による血管のダメージを抑えられるように、冷やしたり温めたりすることも適しているので症状が出てきた際に熱用シートで冷やすことも役立ちますし、緊張型頭痛の場合には、首や肩の部分を温めてこりの解消を目指すことで脳への血流が良くなり緩和が目指せます。片頭痛の場合には冷たいタオルなどを痛む部位に当てることで血管が収縮して痛みの軽減に役立ちます。コーヒーや紅茶やお茶に含まれるカフェインは血管を収縮する作用があるので、初期の痛みの場合には早いうちにこれらを飲むと痛みが軽減します。症状が現れて来たらすぐに飲むように習慣づけてみるのもおすすめです。現代はパソコンを使ったデスクワークに携わることが多いので、緊張型の症状に悩まされた場合には、適度に身体を動かすだけでも症状を和らげることが出来るでしょう。背伸びやストレッチなどを行ってみることで楽になるので試してみてください。確かに薬を使わないで楽にするのには、やや時間もかかってしまうのですが、軽い症状であればだんだんと緩和できるようになるので普段から同じ動作をし続けないと言った対処が出来るようになり、それにより症状が出にくくなることで自信を持つことが出来るようにもなります。タイプに応じて和らげる方法には違いがあることを知り、自分に起こっている症状がどちらが原因となって起こっているのかもよく見極めた上で適切な方法を選んでみてください。