• ホーム
  • ロキソニンを服用で気を付けたい飲み合わせ

ロキソニンを服用で気を付けたい飲み合わせ

ロキソニンを服用する際に気を付けたいのが他の食品や飲料との飲み合わせですが、一般的にコーヒーやお茶は薬の中に医薬品の中にはカフェインが含まれているものもあるため、一緒に飲むとカフェインの摂り過ぎになり興奮して眠れなくなることがあります。ロキソニンは副作用として胃痛や食欲不振があり得るので、胃の弱い方の場合さらにコーヒーを服用中に飲んでしまうと胃へのダメージが上がる可能性も示唆されているので出来るだけ控える方が良いでしょう。同じように大量のお茶も併用すると胃を荒らしてしまう可能性もあります。胃弱の方はいつもよりお茶を控える意識を持つ方が良いですが、どうしても飲みたいという場合にはノンカフェインのお茶を飲むことも可能です。ロキソニンの服用中には、副作用で口が渇いてしまう症状が現れることもありいつもより水分が欲しくなる経験をすることも珍しくありません。お茶を好む人ならノンカフェインを選べば胃への負担も軽減できるようになります。

また、痛みがある時にお酒を飲むと一時的に血流が活発になるために痛みが軽くなったような体感もあるのでつい飲んでしまういう人も見られますが、ロキソニンを服用している時にお酒を飲むことも、薬の効き目が強く出すぎたり副作用が現れやすくなる可能性もあるので、出来る限り控える方が賢明だと言えます。お酒でまぎらわすことで無理な動作や負荷のかかる動作をしてしまう可能性もあり、ロキソニンの併用によりさらに一時的に関節痛や筋肉痛が改善したと思い込み返って関節に負担をかけてしまうことにもなり兼ねません。

それから、何気なく食べているグレープフルーツですがこちらも同時に薬を服用することで、薬によっては薬の効きを悪くしたり強くしすぎたりする可能性があり禁止されているものもあります。代表的なものとしてはカルシウム拮抗薬が挙げられます。グレープフルーツと飲み合わせが良くないものは、てんかん薬、甲状腺機能亢進薬などがありますので、医師の処方を受けている方は十分な注意が必要なことを理解しておきましょう。ロキソニンの場合は、グレープフルーツとの飲み合わせで禁止されている薬に記述されていないので食べる際にも気にすることはないと考えて大丈夫です。普段からグレープフルーツを食べる習慣がないという方なら、何ら気にする必要もありませんが食べる機会が多い方は、医薬品との飲み合わせには充分な注意が必要だということを認識しておきましょう。