• ホーム
  • どんな症状に効く?ロキソニンの効果を解説します!

どんな症状に効く?ロキソニンの効果を解説します!

薬局とスタッフ

痛み止めで良く知られるロキソニンですが、病院で良く処方されることや薬局やドラッグストアでも市販薬を購入できるため、あまり普段から薬に詳しくない方でもこのロキソニンと言う名前は知っているという方も少なくありません。
ロキソニンは、どんな症状に効果があるのかと言えば、まず歯痛の症状に歯科でも処方されますし、市販薬でも歯痛が起きた時に買い求めている方も多く、つらい痛みを緩和してくれる有難い薬として古くから使用され続けています。
また、ロキソニンは頭痛にも比較的短い時間で効くために、服用することが多い薬としてもあまりにも有名ですので、普段から頭痛になりやすい人や生理により頭の重さが出る人など広く用いられるようになっています。
そして、ロキソニンは意外に思われるかもしれませんが腹痛にも用いられる薬であり、炎症を抑える作用があるために広く腹痛に使われることも珍しくありません。
この場合、生理痛に用いることも広く知られているのが特徴です。
ロキソニンの1回の持続時間は、ロキソニン60mgの場合、1日3回までの間隔での経口投与が可能なので持続時間は4~5時間あるので発熱がある場合には、解熱が見られたら継続して飲む必要はないので服用の間隔には注意をしてください。
継続して投与をする関節リウマチや変形性関節症や腰痛症や肩関節周囲炎などの疾患の場合は長期間の服用が珍しくありませんが、術後や一時的な歯痛・腹痛・頭痛・発熱などの場合には頓用で用いられるため期間は短くなります。
ロキソニンは、古くから様々な効果があると認められている薬で、色々な疾患に用いられており症状の緩和や改善に優れた効果を発揮しますが、空腹時の服用は胃へのダメージも懸念されるために食後の服用が推奨されていることも理解しておきましょう。
ロキソニン60mgは、基本的に1日3回までの服用が認められているので、作用の半減期も短くなっており症状に合わせて服用回数を適宜変えることもできる利便性がある薬であり、医療機関でも使いやすいという面でも圧倒的な支持を受けています。
痛みや発熱、炎症を中心に色々な症状の緩和や改善に優れた効果を発揮することから、家庭でも広く用いられていますが、服用する際には服用期間や服用回数、対象となる症状の確認も行った上で適切に使うようにしましょう。
ロキソニンを頓用として使う場合には、1回から数回の服用で回復することもよくあるため、とても重宝する薬であり、現状のつらさや痛みなどを出来るだけ短い間で解消してくれる優れた効果があります。
そのため一般的に名前が知られるようになったわけです。